The 31st Kenfes

憲法フェスティバル(憲フェス)のWebページにようこそ!
去年30回を迎えた憲フェスは、今年新しい一歩を踏み出します。

第31回憲法フェスティバルは、2017年5月13日(土)
日暮里サニーホールで開催です。(詳細は下)

Information on the 31st

テーマ「メディアと憲法と私たち」

安倍政権は、70年以上に渡って守られてきた憲法9条を変更して集団的自衛権の行使を容認し、昨年には南スーダンへ派遣した自衛隊に「駆けつけ警護」などの新任務を付与しました。この新任務は、日本が戦争に巻き込まれなかねない危険をはらんでいなす。そして今、過去3回廃案になった共謀罪を「テロ等準備罪」に名前を変え、数にものをいわせて法制度化を急いでいます。憲法の無力化、そして国民を置き去りにした憲法の暴走。現在の日本は、まさに歴史的に重要な局面にあるのではないでしょうか。

75年前、市民が誤った情報のもとで戦争への道を突き進んでいった悲惨な過去がありました。過去に逆踊りしないため、メディアがその力を発揮し、責任と役割を果たすことがこれからはますます求められているのではないかと思います。「権力は支配したがる、それを抑えるのがメディアである」というのは、今年ご出演の岸井成格さんの言葉です。

憲法フェスティバルは、まず憲法というものを身近な存在として知り、考えるきっかけとなるような場を目指しています。そしてこれを機に、少しでも日常のなかで「憲法についての会話」が広がっていくことを願っています。

メディアの存り方、憲法の意義、そして私たちに何ができるか、「日暮里サニーホール」でともに学びましょう。


出演者

岸井成格(きしい しげただ)/ジャーナリスト

毎日新聞特別編集委員。
1944年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業。67年毎日新聞社入社。熊本支局、政治部、ワイントン特派員を経て、91年論説委員。その後、政治部長、編集局次長、論説委員長、主筆を経て、現在は特別編集委員。2016年3月までTBS「NEWS23」アンカー、日本ニュース時事能力検定協会理事長、NPO法人「森びとプロジェクト委員会」理事長、TBS「サンデーモーニング」コメンテーター。

青井未帆(あおい みほ)/憲法学者

学習院大学大学院法務研究科教授。専門は憲法学。
東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得満期退学。信州大学経済学部准教授、成城大学法学部准教授を経て2011年より現職。
著書として、『憲法と政治』(岩波新書)、『憲法を守るのは誰か』(幻冬舎ルネッサンス新書)など。

いちばん星(いちばんぼし)/合唱団

合唱団一番星は1992年12月23日、川崎の教職員を中心に発足。翌年「創立1周年コンサート・中田喜直とともに」を開催し、川崎市民合唱団として輪を広げて、その後毎年演奏会を行っている。2017年1月9日には「うたいつぐ平和」というテーマで第24回コンサートを行い、約1000名の観客が来場した。現在団員は、女声34名・男声11名の計45名。「“愛と平和を歌う合唱団”として、合唱を楽しみ、平和で豊かな社会を実現する事業に貢献する」という基本理念を支えに、聞き手の心に届く歌を目指している。東日本大震災後2012年には岩手県大槌町で、地元の「童謡歌う会」と合同で被災地支援ミニコンサートを行い、その後も大槌町の合唱団との交流を続けている。


日程ほか

日 時:2017年5月13日(土)開場 12:00 開演 13:00 終演 17:00(予定)

参加費:前売 1,800円/当日 2,300円
    大学生 1,000円 障害者・付添人 各1,000円(前売・当日とも)高校生以下無料

場 所:日暮里サニーホール

その他:☆手話通訳がつきます(協力 東京手話通訳特派遺センター)
    ☆保育室があります(希望される方は前もってご連絡ください)
    ☆会場ロビー企画 実行委員会による書籍・CD・グッズの販売等を準備しています。

主 催:憲法フェスティバル実行委員会

Next

What is Kenfes

憲法施行40周年にあたる1987年から「憲法のすそ野を広げる」ために毎年開催しています。
特定の政党や政治団体とのつながりはなく、運営資金はチケット収入とカンパのみで活動しています。

これまでに、井筒和幸さん、永六輔さん、香山リカさん、姜尚中さん、神田香織さん、ジェームス三木さん、鳥越俊太郎さん、ピーター・フランクルさん、松元ヒロさん、森永卓郎さん等々マスコミでもお馴染みの皆さんに出演してもらっています。

Next

Who We Are

憲フェスの実行委員会を構成しているのは、サラリーマン、主婦、自営業者、弁護士、司法書士など。つまり、いろいろな人が集まって構成されています。

実行委員会はだいたい月に1回から2回、10名から15名が集まって開催しています。実行委員会を見学してみたいなどあれば、ぜひご連絡を。

Next

Contact

お問い合わせは下記の電話まで。

問い合わせ先電話番号担当
南北法律事務所03-3511-5748遠藤
旬報法律事務所03-3580-5311大久保
後楽園法律事務所03-3818-1640下林